FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして?


まさか···

もしかして···?


わたしなんかに···?



Sさまも
主さまも

嫉妬されている???



いやいや。

そんな筈は

ないだろう。



怒られた


朝からいきなり 「 解消 」のような内容のメールが届いた。

あまりのことに愕然とする。

『主の仰りたいことの内容は理解します。』
『達成させるには···と考えてくださったこととは思いますが···』

と、伝えたにも関わらず。

メールだとまた、勘違いされ?思い込まれて、自己完結されてしまいそうなので、言いたいことは理解していること、直接、話をしたいことを伝える。

奇しくも3人会の日の朝。

「来るのか?」
『主さまが来られるなら、行きます。』

その後は、いつものように連絡をする。

Sさまに責められている最中に主から数回連絡が入っていたことを後から知る。

なんて、バツが悪いんだろう。

おまけに無口。

いつもはわたしがすることも ご自身でされていく。

Sさまは気にされる様子も無く、責め続ける。

お風呂に入ろうとしている時にSさまから《主が呼んでいるから行くように》と伝えられた。

テーブルを挟んだ向かいに座る。

あまりの怒りように圧倒される。
でも、怖くない。

わたしが悲しいとか、残念だとか書いたのが怒られる原因だったらしい。

「伝え方があるだろう!!」
『えっ??? そこですか???』と内心 思う。
更に、「別れたいのなら···」「怒るようなことを書いている事がわからないのか?」云々。

いえいえ。

ちゃんと、お考えと仰りたいことはわかっています。
ただ、ピアスの個数が全てを示すということに違和感がある。
ピアスはあくまでもプレイの1つ。

「代替え案は···?」『ピアスでない他のこと。』「視覚化してわかるようにするにはピアスが···」『必ず付けられるものではありません···』「案を出せ。」『···』「Sさまに5分だけ時間をくれと言っている。」『エーッ(内心)』「時間が過ぎた。行け。」『えーっ』

5分で纏まるような話ではないと思いますが···

朝からいろいろとあったみたいで、苛立っているのはわかりますが···

「行け! (ガルル···)」な雰囲気にスゴスゴとお風呂に向かう。

また、怒られた。


雰囲気で察された Sさま。
慰めてくださった。


でもね。
こっそりとテーブルの上に置かれていたアイスで主さまの気持ちを察する。甘い物はほとんど口にされない主さまが買ってこられたもの。わたしの返答次第だったのだろう。あー、勿体ない。


外されたピアス


主の股間に顔を埋めながら

背中側に垂らされる蝋燭。

気持ち良くて 声が漏れる。

「仰向けになるように」
主の指示。

しばらく、そのままでいたけれど

数回、促され 上を向く。

ほんの少しの主に抱きつける時間だったのに···(>︿<。)

胸やお腹、股間に垂らされる蝋。

今日の蝋は 心地よくて喘ぐわたし。

一度落とされた股間の蝋が取り除かれ

ラビアやその周りのピアスと左乳首のピアスが

徐に 外された。


「あれ?」

と思ったけれど、あまり気にせず

心地よさを感じていた。


一通りの予定が終わり

退室前。


ピアスを返していただくようにお願いした。

けれど···

『塞がってしまうから、付けておきます。』

「また、開ければいい。」

『えっ。』

「乳首だけ付けておけ。」

1つだけ返していただけた。


また、開けたいのか?
そのままにされるのか?



もしかしたら·····

と過ぎるけれど

その時は、その時かな。


送迎してくださる Sさまに ポツリ。


「また、来月。」

去り際に仰られたので、まだ居させてはいただけるらしい。


日々の生活を認めていただけるように
気を付けよう。

ピアスが外されて


捻りのあるワイヤーが主さまに準備されていた。

わたしが怖くて、嫌いなワイヤー。
動く度に擦られて、剥けるようで、絶えない痛みに苦しむ。

見せられただけで、首を振り、逃げ腰になる。
容赦なく、あてがわれ通し始めると、動くのをやめる。
動くと余計に痛みが増すから。

少しピアスをつけていた期間が長かったから、思っていたほどのダメージはなかったので、ホッとした。

Sさまが乳房を責める為の器具を取り付けるのに邪魔になり、抜かれることになった。
抜く時も怖い。
通す時よりも、もっと早く抜き取られるから。

この日のプレイが終わりに近づいた頃、ワイヤーが再び準備された。
今度は捻りはなく、柔らかそうな素材のもの。

左右の乳首の穴に通され、それぞれの端を丸めるようにして取り付けられた。

次回まで、このまま。

日常の生活の中で動く度に、擦れて痛みが増し、痛みに耐える日々。
いつまでもつのだろう?

痛みの全てが気持ち良くて、嬉しい。

そのように思われているらしい。
主さまが好んでされるプレイ。



痛いのは嫌いなのだけどなぁ··· (>︿<。)


フィスト


Sさまのしてみたいことの1つ

フィスト


前回の3人の時から少しずつ
挿入を試みる
前は半分ほど

グリグリと押し拡げられる
指先が当たる

拡げられる痛みより、
指先が当たるというより突き刺さるような痛みのほうがかなり強くて
悲鳴をあげる。

あと、もう少し…

より力が加えられる
奥を突いていた指の形が少し変わった?

あら?

痛みの中に 心地よさが
中から揺さぶられる

そう感じ始めた頃
ゆっくりと抜かれていった。


あともう少しで全部入ったらしい。


プロフィール

nonoka

Author:nonoka
主さまと出逢わせていただきました。

M女には程遠い、SM的な行為に興味がある変わりモノ程度だけれど…

岸辺に咲く花のように、主さまに寄り添って咲きたい nonoka。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。