FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縛られて


2回も縛っていただけた (。╯╰╯╰)

縛りの練習をされている方の合間を縫って 主催者さまが声をかけて下さる。

いつもお気遣いいただき、ありがとうございます<(_ _*)>

1回目は吊り。
2回目は責め縛り?

久しぶりの吊り。
あれ?
縛られていくうちに変わっていく 感覚。
オフ会では縄酔いすることは なかった筈。

宙に浮く頃には フワフワと心地好い。

近くで見られていた方から質問を受け、答える。

全然しんどく無さそうねぇ。
平気なんだぁ。
気持ち良さそう。
などと話しているSさん達の声が聞こえてくる。

もう、そろそろ···
と解かれていく。

あぁ、もっと~
降ろすだけにして解かないで~
と思うが、そこは皆さんの練習の場でもあるから我慢。

いつもより フワフワ感が残る。

座っていた場所に戻り近くの方とお話をしばらくしていたら、2度目の声をかけていただいた。

オフ会ではあまり縛らないという その方。
先程までお話をしていたS女さんと女装子さんが近くまで来られた。

縛られていく人を見るだけでなく、縛っている人を見るのも楽しい。
責めるポイントを知っていて、知らんふりして縛っているとか···
段々と感じてきているとか···

そのような見方があるのか と聞きながら楽しい。

不意に女装子さんが
物足りないでしょ?

えっ? 何故に? バレてる???

どうやら わたしは痛みに強いらしい。

そんな人は 鞭で痛くするよりもこっちの方が効果がある···
と首元を撫でられる。

うわぁ(๑º△º๑)
思わず、身を縮める。

ほら(笑)

縛りは太腿をキツく締めていく。
こ、これは···
薄々、気付いていたけれど 堪らない。

脚がフラつく。
吊り縄がないから、脚をモジモジさせながら、踏ん張る。

S女さんと女装子さんに話しかけられ、
触れられて、指摘されて 首をすくめて小刻みに首を振る。

反応が良いと面白がっていただいた。

鞭を打っても反応がなくて面白くない。と言っていた女装子さんは終始笑顔で···

解かれた後、身体の感覚を収めきれなくて、壁にもたれて放心。

(゚‐゚*) ホケーッ・・・

ウズウズ。


放心しながら、女装子さんが逆さ吊りになるのを初めて見た。

皆さんがそちらに釘付けで助かった( *´艸`)


帰宅しても ウズウズ。

縛られたら、責められたい。犯されたい。
って·······(*◊*;)


気が付いて


入浴時に ふと見て
気付いた。

赤黒い痕


『あ、こんなについていたんだ。』

少しびっくりしたけど


なんだか ほっこり。
温かさに包まれる。

嬉しい ❀.(*´▽`*)❀.


ナンテネ… (*˘ ˘*)


つまらなかった?


これといったプランもなく始まった時間。
食事を終え、ご挨拶をした後

「どのようにして過ごしたいのか?」と主さまに問われた。
『えっ(*゚□゚*) いえ、特にはありません。』
と答えるも、先日から自分の意見などを言うことを課せられているわたし。

(人生の大半に於いて意見などを言うことを赦されなかった為なのか、決定権のあまりの無さに呆れられてしまった。
お昼ご飯をこれと決められ注文されても、何の違和感なく美味しくいただいて当たり前と思っていた。
どうやら違うらしい(^^;)
「食べたい物を自分で選んで食べる。それすら、出来ないのか?」
『別に。食べられないものでなければ、決められても構いませんが···』
と答えたのが発端で。
思い返せば、出逢って間もない頃に「夢は?」と問われ、『夢ですか?眠っている時にたまに見ます。』と答え、失笑をかっていた。すかさず、「そうではなくて···」と改めて問い直されたけれど(^^;;
その時にも『夢ねぇ。あぁ、そう言えば、そのようなものもあるんだなぁ。わたしの?えっ?何だろう???』
更に「叶えるためにはどうしたらよい?」と問われ、『???。いやいや いや、夢は見るものだし·····叶えるなんて、あり得ない。叶うものなのですか?』と内心、呆気にとられていた。
未だに、夢は見るものでしかないけれど···(;・∀・)
夢が叶えられるのは、その能力のある人だけでしかなくて、わたしにはそんな能力はないと思う。
あ、脱線した。)

当然、「何もないのか?」と凝視され
『無くはないですけど·····。』と濁す。
「何だ?」と問われて、恥ずかしくて茶化してしまった。
「プレイはもう始まっているのだから···」と注意を受ける。
静観されるSさま。
小さな溜息を吐き、恐る恐る、『お2人にそれぞれ、同時に、乳首を、舐めていただきたいです。』しどろもどろに答える。
「そんなことがされたいのか?考えておく。」
苦笑される主さま。
(主さまはセックスや快楽責めにはあまり興味がないみたいだから。)
Sさまが助け舟を出してくださった。
〔それは、3人でないと出来ないですね。〕
その後、質問を繰り返されて、縛ってもらい、責めていただくことの他はノープランとなった。

Sさまと先にお風呂に入り体を流して浸かった後、主さまとお風呂に入る。
少し浸かり、身体を洗うように仰る。
再度浸かり、先に出て遊んでもらっているように指示が出る。

Sさまに少し弄っていただき、縛っていただいているところに主さまが出てこられた。

ノンアルコールのビールを飲みながら、ソファーでテレビをご覧になる。

わたしの方には、チラリと一瞥したくらい。
お腹の出っ張りを確認されたようで悲しい。

Sさまは乳縛りをされ、脚はキツめに縛られていく。
ふらつき始め、ベッドに上半身を預け縛られていく。

縛り終え、乳首を舐められる。
乗馬鞭が軽く撫で、軽快な音が響く。
堪らなくて甘美な声が洩れる。

尿道とその次の穴を責められる。
気持ち良さに喘ぐ。

電マの登場で、大きくなった声。
主さまが来られ、口に主さまのモノを咥えさせられる、
歯が当たりそうな角度で、当たらないように気を付けながら口を開ける。

乗馬鞭を手に、ソッと乳首を撫でる。
気持ち良さにウットリ。
やがて軽くペチペチ···と打たれ、あぁ。と思っていると勢いよくバチンバチンバチン···と打たれ 隠った悲鳴を上げる。

合間に下半身の気持ち良さに喘ぐ。
「どっちが気持ち良い?」
と問われ、『下半身 です。』と答える。
打たれながら、電マが更にピンポイントに当てられる。
奥の方まで咥えた主さまのモノが塞ぎ息が出来なくて、刺激と痛みに堪えられなくて、大きく首を振り口から零す。
また、入れられる。
鞭の強烈な痛みの合間に強烈な刺激。
最早、主さまのモノでは声を抑えられず、「煩い」と手で口を押さえつけられる。
『あ。主さまの手だぁ。』と喜ぶのも束の間。
2穴を弄られながらの電マで騒ぎまくり、悲鳴にしかならなくなり終了。

手の痺れを確認された後、刺々したコロコロが身体を這う。
縛られて異様に盛り上がった乳房にチクチクと。
打たれて痛みに敏感になっている乳首に痛みが加わる。
『痛ぁ~い』
あまり痛そうに聞こえないらしいけど。

体側を転がされ、お腹や敏感な部分にも。
心地良さに喘いでいた。

主さまはメールの着信でソファーに。
そのままテレビをご覧になる。

いつもは写真を撮ってくださったり、近くに居てくださったり、ソファーに座られていても見てくださっていたり···だったけど。

この日は、「手は痺れていないか?」と確認してくださったくらい。

そのうち、縄が解かれSさまにご奉仕することに。
時々、チラリと主さまを見るけど、依然としてテレビ。

ベッドの上でSさまと絡む。
キスをしようが、絡もうが、気にならない?
気にしていない?

声や息遣いなどは聞こえているだろうに···?

Sさまに挿入していただきながら、主さまを見る。
『ねぇ。わたしを見て···。』
どこかで読んだことのある表現だ。と思いながら。

Sさまが休憩されている時や眠られた時に主さまの元へ行き跪き、声をかける。

「しゃぶっておけ。」 一言。

2度目の時には、ションボリとしていた主さまのモノ。
哀しかった。
主さまに愉しんでいただけなかった。

咥えさせていただいて、口の中に放っていただくことはできたけれど···

見たくないものを見せてしまった?


哀しくて寂しい。


最後のお風呂も1人で入られて、追いかけたけど おしっこ がしたくなり 申し出たら、トイレでするようにと仰られた。
あれ?いつもは洗い場なのに···
「普通はトイレでするでしょう。トイレで。
」とあっさり。
仕方なく、トイレで用を足し、Sさまに声をかけて浴室に戻る。
既に上がろうとされていて、一緒に入ることは叶わず、身体も拭かせていただけなかった。

帰りの道中、話の流れで「送ってもらうように。」となった。

前にお話をして、送っていただけない時には前もって教えていただくようにしてくださっていたのだけれど。
今日は 突然。

それにしても、哀しすぎる。
別れる間際まで目で訴えてみたけど、伝わらなかったらしい。

余程つまらなくて、一緒に居たくないと思われたのだろうか?

不明。

主さまに送っていただきながら、主さまを傍に感じていたかったのだけれど(。>ㅅ<。)



そして、わたしはしょんぼり(. .)…。

主さまの周りには素敵に輝いていて、自分の力で何でも出来る綺麗な方が沢山いらっしゃる。
わたしなんて、足下にも程遠い。
相手にしていただけているのが不思議になることが多い。

なのに···

悲しさと寂しさのあまり、グジグジ、ウダウダ…>_<…



Sさまが聞いてくださった。
申し訳なくて、有り難くて…

ごめんなさい。
ありがとうございました。



駄目ね。



せめて、お話だけでもできたらなぁ…



このところ···


身体が 疼く。


どうしようもないくらい(´>///<`)


主さまに逢いたい欲求
と言うより
犯されたい欲求が·····

なんでだろう?

( p′︵‵。)


主さまに2人で逢える時は まだ先。


その前に············· 3人(^^;;
(っω;)アウッ



主さまぁ~ …>_<…

変わったこと


あまり記念日を意識していなかった わたし。

このブログを記すことにした時に、
『いつだったかしら?』
と送ったメールを見返して日付を確認したから覚えているわけで···

ゴメンナサイ(^^;;


日付より たまたま重なった?
(意図してくださっていたのかも?)
十五夜🎑だったということの方が とても印象に残っていた。


そして1年後·····

たまたま その日に少しだけお逢いして話ができることになり、主さまにご報告とお礼を申し上げた。


「1年経って、変わったことは?」

言葉に詰まる。

「体重は?」
『1度減りましたけど、リバウンドして同じくらい。』

「生活は?」
『大きく変わったこともありますが、あまり変わらず·····』

から始まり、お話の結果。

「あまり 変わってないな。」

更にお話を重ね

「少しずつでいいから 変えていこう。」

と仰っていただいた。


1年前には思いもしなかったこと。



問われた中には無かったけれど
変わったこと 沢山。

わたしの 気持ち も変わったことの ひとつ。

身体に着いた5個のピアス。
4個目までは主さまのされるがままに。
5個目を開けていただいている時には、
『主さまのものになる』
そう思いながら、痛みに耐えていた。
5個目になり、やっとで······
約1年がかりで·····

お話の回数も内容も増えた。


“わたしを良い方向へと変えていきたい。”
と、主さまの想いが感じられることを
いろいろなカタチでいただいている。



今は

主さまが 大好き♡

傍に置いていて欲しくて、遣われたい。
わたしにできること全てに於いて。



厳しいこともあって、落っこちることもあるけれど、わたしにはこの揺らがない主でないと駄目なのだと思う。
きっと、わたしを扱いきれないだろうから。



いちねん


時を重ねさせていただき

“いちねん”

が過ぎました。


見守ってくださった方々、話を聞いてくださった方々など···
周りにいてくださった方々に感謝です。


そして、
主さまに 感謝いたします。

不甲斐ないわたしを突き放すことなく置いてくださり、
ありがとうございました。


これからもよろしくお願いします<(_ _*)>



nonoka



灯火


言葉をいただく。

いただいた言葉は灯火。


少しずつ 離れたところに置かれる灯火。

灯火を頼りに 探りながら進む。

曲がりくねりながら

でも、少しずつ前へ。


イメージは わたしの好きな蝋燭の灯。

ほんのりとした灯りを頼りに歩んでいく。

揺らめき、煌めく 柔らかい灯りの中を。


置いて下さる 主さま に感謝。



憤慨と懇願


「奴隷にしたい。」

書面を以て


出逢った頃からの 主さまの想い。


わたしは 〔奴隷誓約書〕なるものが書けなくて、未だにお出しできていない。

気持ちの上では 『主さまを敬う従』のつもり。

だけど、主さまからすれば、まだその域でない。
書面が出ていないから。

わたしは『奴隷』という言葉に違和感がある。
なれそうにない。
現実の世界でそのような生活下にあり、身体も心も壊してしまい、起きれなくなった日々があったから。

未だによく不具合を起こしてしまう。


主さまにも 以前にそのことは少しだけ だけど話していた。
今の生活の話をしていて、普通の生活をしている主さまには思いもよらないことだったのであろう。
次第に憤慨されていった。

溜め息をつかれ

「俺が奴隷にしたかったのに・・・」

と漏らされた。


そして、懇願された。
家人によるそれに近い生活ではなく、普通の生活をして欲しいと。


この間から憤慨ばかりさせてしまい、懇願までされてしまう始末。

主さまに申し訳なく思う。



こんな わたしで ごめんなさい。


代替え品


わたしは ···
誰かの代わりでしかない

代替え品。


わたしでないと いけないことなんて
何もない。


誰でもいい。

寧ろ、わたしでなくて
他の人のほうが



もっといい。





プロフィール

nonoka

Author:nonoka
主さまと出逢わせていただきました。

M女には程遠い、SM的な行為に興味がある変わりモノ程度だけれど…

岸辺に咲く花のように、主さまに寄り添って咲きたい nonoka。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。